この季節は怖い・・・( ;∀;)③

隊員の方が
「かかりつけの病院ありますか?」と聞いてきたけど、私は答えられないので
うんうんとうなずくだけ

「鞄の中身みさせてもらいますね」
うんうん

「診察券ありますか?」
うんうん

「お財布あけますね」
うんうん

「この病院ですか?」
うんうん

と、ずっとこんな感じ・・・
もう一人の隊員の方は、私に何やら機械をつけていく

血圧やら血中酸素濃度を測る機械やら・・・
この時、私の血中酸素濃度は80~85の間・・・
「こんなになるまで何で呼ばなかったの!」と言われてしまいました(;・∀・)

そして、隊員の方が「ちょっと押すからね」と言って、胃のあたりをぐぅ~っと
押し始める・・・あれは、酸素を取り込む方法か何かなのかな・・・・・

そして、かかりつけの病院に連絡
隊員から「一応、搬送しますが、状態が悪すぎなので違う病院に行く可能性もあります」と、言われ うんうん とうなずく私。

救急車が病院に到着すると、先生一人、看護師さんが5人くらいた。
看護師さんが慌ただしく、私の身体にまた機械をつけたり、点滴をしたり・・・
そして、先生にも「どうしてこんなになるまで我慢してたの」と・・・
嫌、先生、病院来てましたよ・・・と、心の中で思いつつ、うなずく事しかできない。
そして、先生から「このまま入院ね。こんな状態で帰れる訳ないでしょ?明日、仕事?職場に連絡するから連絡先教えて」と言われ、ケイタイで番号をみせると
先生みずから、会社に電話をしてくれて、状況を説明してくれました。

レントゲンを撮ったら、肺の半分が真っ白、そして心臓に水が溜まっていると
言われ、酸素7ℓ+点滴+利尿剤 そして、ご飯は絶食(;・∀・)
お腹空いた・・・と、思いつつも、呼吸が楽になったのと安心感で私は眠ってしまいました。

そして、1週間の入院し、退院しました。

この時の先生には、癌の時も命を救われています。
ありがとう先生(*^^*)

ドラッグレス・セックスは、BL漫画が苦手だった私でも抵抗なく読めました。
私は、結構すんなり入ってしまいましたw

 

関連記事

NO IMAGE

歯科受診~まだまだ続きそう・・・( ;∀;)

NO IMAGE

指が・・・痒い・・痛い・・・ 甘えん坊のぐぅ

NO IMAGE

歯科受診~歯のクリーニング(*^^*)

NO IMAGE

歯科受診(>_<) 手の指の負傷多すぎな私・・・( ;∀;)

NO IMAGE

🎃Happy Halloween🎃

NO IMAGE

5月スタート~2ヶ月に1回の診察日・・結果は・・・